クラミジアはとても怖い病気

多くの感染者がいると言われているクラミジアは、セックスからの感染が一番多いことをご存知でしょうか。
空気感染するなどのうわさがあるようですが、空気感染はしません。
その為、一番疑わなければいけないのがセックスなのです。
しかし、思い当たるセックスがないという人もいるようです。

その原因は、潜伏期間が1週間~3週間あるからです。
その為、自分がクラミジアに感染していることに気付かないまま、セックスを行ってしまい、パートナーを感染させてしまうのです。
クラミジアの初期症状は自覚症状として認識できないことが多いことが原因でしょう。
このように知らないうちに人に移してしまい、拡散されてしまうのです。
また、オーラルセックスでもクラミジアに感染してしまう為、風俗店などで働く女性にも多い性病と言えます。

性行為で性病になるほとんどがクラミジア

クラミジアはセックスによって感染する性病です。
日本では一番多い性病とも言われており、患者数は100万人以上とも言われています。
特に若年層に多いのが特徴です。
また、クラミジアに感染していても自覚症状がないのも特徴で、気付かないまま拡散してしまうことが多いとも言われています。

クラミジアはクラミジアトラコマティスという病原体によって感染し、感染者の粘膜同士の接触や精液、膣分泌液を介して感染していきます。
そして怖いのが、クラミジアに感染しているとHIVへの感染率が3~5倍も上昇してしまうことがわかっているのです。
セックスをすることによってクラミジアに感染するだけではなく、オーラルセックスによってのどへの感染もあります。

自覚症状がないとは言え、大半の人は何らかの不具合を感じています。
お腹が痛い女性女性の場合は、おりものが増加したり、不正出血があることもありますし、下腹部の痛みを感じることもあるでしょう。
セックスをする時に痛みを感じることもあります。
これは、クラミジアが子宮頸管に感染し子宮頸管炎を起こしていることが考えられるでしょう。
子宮頸管から感染したクラミジアはその後腹腔内に侵入して骨盤内にまで広がってしまいます。
クラミジアを放っておくことで、卵管炎になり不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあるのですが、女性の場合は症状を自覚できない人が多いようです。

男性の場合は、主な汗腺場所は尿道と言われています。
尿道から膿が出たり、排尿時に痛みを感じることがあるでしょう。
また、尿道のかゆみや不快感が続いたりすることもあります。
また、精巣上体が腫れたり発熱することもあるでしょう。
尿道炎や精巣上体炎の症状が出る場合もあるのですが、自覚がない男性もいます。
クラミジアを放っておくと、前立腺炎や血精液症になってしまうこともあるので、しっかり治療を行う必要があります。

また、のどに感染した場合には、のどの腫れや痛み、発熱の症状が出るでしょう。
一見普通の風邪のようで見逃しがちなのですが、1か月以内にオーラルセックスをした経験があるのであれば、クラミジアを疑うことも必要です。
しかし、症状が出ないことも多く、気付きにくいのが特徴です。
風俗店などで働いている女性でオーラルセックスを行っている場合には、のどへのクラミジア感染がとても多いと言われていますので、おかしいなと感じたらすぐに治療を行いましょう。

クラミジアの原因であるクラミジアトラコマティスは空気中で生存することはできないと言われています。
その為、空気感染することはないのです。
あくまでもセックスによって感染する性病であることを認識しておいてください。
クラミジアに感染している人とセックスを行った場合の感染率は50%です。

性行為をしてなくてもクラミジアに?

中にはセックスをしていないのにクラミジアが検出されたという人もいるようです。
セックス以外にも感染経路があるのではないかと疑いたい気持ちもわからなくないのですが、基本はセックスによるものであることは間違いありません。
例えば、ディープキス一つでも感染する可能性もあるでしょう。
先ほども言いましたが、のどに感染することもある為、ディープキスのように粘膜を絡ませるようなキスであれば感染する原因とも言えます。

また、数日間の間でセックスをした記憶がなくても1週間~3週間以内であればどうでしょうか。
思い当たる人物はいませんか。
潜伏期間があるので、実は数日前でのセックスが問題ではなく、それ以前の可能性がとても高いのです。
夫婦間や恋人としかしていないという人も、自分自身が原因ではなく相手側にある場合も考えなくてはいけません。
クラミジアに感染したことで浮気や風俗通いが発覚したなどはよくある話です。
疑いたくない部分ではあるでしょうが、基本的にセックスもしくはオーラルセックス、最低でもディープキスによって感染するものですので、放っておくわけにはいきません。

クラミジアは治療薬のジスロマックで解決!

医師に検査をお願いする様子クラミジアに感染している可能性があるのであれば、まずはそれを確定させなくてはいけません。
検査方法としては、病院に行って検査をしてもらう方法と自宅で検査を行い、検査機関に依頼する方法の2種類があるでしょう。
すでに自覚症状が明確なのであれば病院で検査をしてもらうことをおすすめしますが、可能性がある段階であれば、セルフチェックが簡単です。

まず病院での検査をお願いする場合、男性は泌尿器科や性病科に受診するようにしてください。
女性は婦人科や性病科で問題ありません。
ただし、のどの違和感の場合に関しては耳鼻咽喉科が適していますが、すべての耳鼻科がクラミジア検査に応じているわけではありませんので事前に確認をしてから受診するようにしましょう。

検査方法は男性は尿検査、女性は子宮頸管からの分泌物を検査します。
また、のどの場合はのど周辺のぬぐい液検査やうがい液から調べることができるでしょう。
治療費用は大まかに10000円ぐらいかかると思っていると安心です。
これはあくまでも保険適用がない場合ですので注意してください。
保険が適用されればこの金額の3割が費用となってきます。

セルフチェックを行う場合には、検査キットを購入し、説明書通りに検査を終え、それを郵送することによって数日~1週間程度で結果がわかります。
結果はインターネット上でわかるタイプと郵送してもらえるタイプがありますが、家族にバレたくない場合にはインターネット上で結果を教えてもらえる方が安心です。
ただし、この方法はクラミジアであるかどうかを判断するのみですので、もし陽性の場合には病院を受診し治療を行っていかなければいけません。
その為、二度手間になる可能性があるのです。
確実にクラミジアに感染していると思えるのであれば、病院を受診し、検査してもらう方が良いでしょう。

ジスロマックの服用の仕方

薬を服用する女性クラミジアと判断された場合、治療は薬物を服用することによって行います。
1日~1週間服用することで治療することができるのですが、劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などになっている時には3~5日点滴加療を行います。
クラミジアに効果のある抗生剤を服用するのですが、ジスロマックが有効であると言われています。
ジスロマックは、1回服用するだけで7日間効果が持続すると言われている抗生剤です。
ただし、注意しないといけないのが、含有量です。

クラミジア治療にはジスロマック500mgが治療薬として選択されることが多いようです。
この場合は2錠を1回服用するだけで治療が終わります。
また、ジスロマック1000mgであれば1錠服用することで治療を終わらせることができるのです。
ただし、胃腸が弱い場合などにはジスロマック500mgを1日1錠、3日間連続服用するという方法もありますので、医師に相談して処方してもらいましょう。

ジスロマックにはアジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系の抗生剤です。
マクロライド系の抗生剤は副作用が少ないと言われていおり、菌を抑える作用があります。
有効成分であるアジスロマイシンは胃酸に影響されにくいという特徴がある為、体全体に取り込まれやすいのが特徴です。
そして、有効成分アジスロマイシンは、人間の細胞には無害であり、細菌だけに作用する為、体に負担が少ない成分なのもメリットと言えるでしょう。

その為、クラミジアの治療薬としては有効成分アジスロマイシンが配合されているジスロマックが効果的と言えるでしょう。
ただし、副作用として下痢などの症状がでることも予測されています。
その為、医師から整腸剤が一緒に処方されることも多いようです。
治療薬は、正しい服用方法を守り、しっかり治療していくことがクラミジアを拡散させずに済む方法ですので、自覚症状があるのに関わらず放置することのないよう、治療を行うことが大切です。

ジスロマックを購入しよう!個人輸入がオススメ!

クラミジアの治療薬として選択されるジスロマックは、病院以外でも手に入れることができます。
基本的に日本ではジスロマックをドラッグストアなどで購入することはできませんので注意してください。
あくまでも病院で処方してもらえる治療薬であると認識しておきましょう。

では、病院の処方薬としてではなく個人的に購入する方法はないのかということですが、その方法は個人輸入です。
海外からの個人輸入において購入することが可能です。
ただし、個人輸入に馴染みのない人も多いでしょうし、トラブルに見舞われてしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。
そこでおすすめしたいのが、個人輸入代行業者を通じて購入するという方法です。

昨今ではインターネット通販が盛んに行われていますが、クラミジアの治療薬であるジスロマックも実は個人輸入代行業者を通せば簡単に購入することができます。
どのサイトからでも購入できるわけではなく、あくまでも医薬品専門の通販サイトのみで注文することができます。
普段利用している通販サイトからでは購入できません。

個人輸入と聞くとちょっと難しそうと思ってしまう人がいますが、利用方法は普段利用している通販サイトと同様ですので安心して利用することができます。
薬事法の改正によって、使用者本人が注文するのであれば海外医薬品を購入しても問題ないと認められていますし、医薬品の個人輸入を代行してくれる通販サイトも増えています。

個人輸入で購入することの最大のメリットは、価格です。
病院で処方してもらうには診療代や検査代、処方箋料などがかかりますし、薬にかかる代金も高くなってしまいます。
しかし、このような通販サイトを利用することによって薬代のみで手に入るのです。
多少金額は上乗せされていますが、病院で処方してもらうより安くジスロマックを購入するなら通販を利用するのが最も賢い選択でしょう。

また、処方箋がなくても購入することができるのも魅力です。
日本では性病に対しての偏見が強く、人に相談しにくいという特徴がある為、自分で何とかできないだろかと考える人も多いようです。
性病検査自体が自宅でできるようになった昨今では、治療薬の購入も自宅に居ながらできるのはメリットと言えるのではないでしょうか。
誰にもバレずに治療を行うことができるので、家族に内緒で治療をすることも可能です。

個人輸入代行を利用する時に注意すべきことも

個人輸入代行業者を利用する場合、注意しなければいけないのが詐欺サイトではないかということです。
基本的に海外医薬品を取り扱う業者の多くが銀行振込やクレジットカード払いのみの対応となっているのですが、代引きが選択できる場合は要注意です。
また海外からの輸入によって商品が届くため、最短でも1週間前後はかかると言われていますが、即日で届くなどの記載がある場合は悪質な業者である可能性が高い為、利用しないように注意しましょう。

ジスロマックを個人輸入したとしてもその成分は日本で使用しているものと効果は同様ですので、安心して利用することができます。
ただし、人によっては副作用が強くでることもありますので、何か異変を感じたらすぐに医師に相談するようにしてください。
また、抗生剤の副作用には下痢や軟便になる可能性もあるのですが、一時的なもので治まる人が大半のようです。
ただし、長引くようでしたら一度病院を受診し、医師に相談しましょう。

自宅で簡単に性病検査を行えるようになったことは、性病拡散の予防になるかもしれません。
そして同時に個人輸入によって医薬品を購入できるようになったことで治療を行うことが簡単になったことも後押ししています。
人にバレずに完結できる方法ではあるものの、使用しても効果を感じられなかったり、強い副作用が出た場合は我慢せずに病院を受診しましょう。
自己判断はとても危険ですので、しっかり対処していくことが大切です。